モンゴル伝統医療は、ハーブや薬草が豊富に生える草原や落馬など遊牧生活に特徴づけられる民間療法と、体系的なチベット医学が組み合わさった特徴を持ちます。
具体的な手法として手技療法(バレア)、瀉血療法、吸い玉療法、灸療法、瞑想療法に加え、オルガマル(薬草、独自のもの)、などがある。
独特のトラブルに対する手技がまた厳しい民間療法には、アイヌの植物遣いと共通する部分も。

モンゴルの風土と伝統医療の特徴 = 日常食に使われる草原ハーブ

  • 緯度は日本の北海道あたりに位置するが、国土全体がモンゴル台地上にあるため、海抜は1000m以上のところがほとんど。
  • 北のロシアとの国境地帯には針葉樹林や湖が、南の中国との国境地帯にはゴビ砂漠が広がるが、国土の80%が「ステップ」と呼ばれる草原地帯。
  • 朝夕の気温差が激しく、9月になれば夜は0度になる日も多く、1年の半分以上が雪で覆われる。そのため、植物は小型で樹木は基本的に育ちにくい。

モンゴル遊牧民の伝統食文化 = 伝統食は野菜をとらない

ここに主食として、餃子や麺などの中国から伝わった小麦粉料理が加わる。

モンゴル唯一の身土不二ハーブ料理= 日常食に使われる草原ハーブ

『ホーショール』 モンゴル風揚げ餃子
草原に生える「ホソバイラクサ」 を肉餡に使用する。間違って触った時の痛みは日本のイラクサの比でなく、“イライラ”を完全に超えている。

チベット医学と融合した伝統医療 = オルガマル、バレアなどの独自な療法

ハーブや薬草が豊富に生える草原や落馬など遊牧生活に特徴づけられる民間療法と、体系的なチベット医学が組み合わさった特徴を持つ。具体的な手法として手技療法(バレア)、瀉血療法、吸い玉療法、灸療法、瞑想療法に加え、オルガマル(薬草、独自のもの)、などがある。おいての独特のトラブルに対する手技がまた厳しいにく民間療法には、アイヌの植物遣いと共通する部分も?
しかし食事には植物素材がほとんど使われない。

意外?モンゴルは薬草大国 = 草原はハーブの宝庫

400種類以上の薬草を使用。
民間療法には、アイヌの植物遣いと共通する部分も?
しかし食事には植物素材がほとんど使われない。

モンゴルヨガ(ビャサルガル) = 独自のポーズと世界観を持つ

モンゴルマッサージ(バレア) = 独自のポーズと世界観を持つ